インプラント治療を失敗しない歯医者の選び方
インプラント治療を失敗しない歯医者の選び方

オールオン4というインプラント治療方法

オールオン4は海外で誕生した画期的なインプラント治療として、世界中で話題となりました。
4本の人工歯根で10本から12本の固定式の人工歯を装着できるのが特徴の治療法です。
従来のインプラント治療では、人工歯根1本につき人工歯は1つしか装着する事ができず、総入れ歯の場合は手術の負担が大きく、また治療期間も長くかかるというデメリットがありました。
ですが、オールオン4が誕生した事によって、総入れ歯の方でも手術の負担を軽減して、インプラントにする事が可能です。

オールオン4も通常のインプラント治療と同様に、歯茎を切開し顎の骨の中に金属製の人工歯根を埋入させます。
この時、埋入する人工歯根に角度をつけるのが、オールオン4の特徴です。
前歯2本はまっすぐに埋入し、あとの2本は犬歯の後ろ側に45度の角度をつけ埋める手術を行います。
45度の角度をつける事によって、より長さのある人工歯根を埋入が可能となり安定感がアップします。
少ない本数でも人工歯根がしっかり定着するため、オールオン4であれば4箇所に人工歯根を埋入するだけで、総入れ歯なみに全体をカバーする事が可能です。

オールオン4は人工歯根を埋入する本数を減らし、手術時の負担が少ないというだけで、他にも多くのメリットがあります。
まず、メリットとして挙げられるのが「自然な見た目を得られる」という点です。
総入れ歯だと、どうしても作り物の歯という印象がありますが、オールオン4に使われる人工歯はセラミック製が多く、自然な歯と同じ白さ・透明度があります。
いかにも入れ歯をしているという見た目にはならないので、いつまでも口元の若さをキープできる点はオールオン4の大きな魅力です。

インプラントで美味しく食べる

また、見た目だけでなく噛み心地もとても自然です。
総入れ歯の場合、噛み合わせピッタリに義歯を作る事が難しく、硬い物が食べ難い、入れ歯に違和感があり喋り難いなどの不快な症状を感じる方も少なくありません。
オールオン4は顎の骨の中自体に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着するのでしっかりと食べ物を噛む事が出来ます。
噛み心地も健康な歯と同じような感覚なので、色々な食事を楽しめるようになるでしょう。

通常のインプラント治療は治療が完了するまでに、1年半程度の期間がかかりますがオールオン4の場合は、約8か月程度です。
治療期間が短いという点もオールオン4が世界的に、選ばれている理由の1つと言えるでしょう。

人気ランキング