インプラント治療を失敗しない歯医者の選び方
インプラント治療を失敗しない歯医者の選び方

歯の健康寿命を延ばすなら矯正歯科へ

ベンチに座る2人のおばあちゃん

近年の日本では健康寿命を延ばそうという声が高まっています。
健康寿命は高齢者になっても寝たきりや痴呆にならずに元気で過ごせる期間のことですが、歯に関しても自分の歯でいつまでも食事が出来るように歯の健康寿命を延ばそうとする対策を普段から取っておくことが大切です。

歯の健康寿命を延ばしたいなら、矯正歯科へ行って噛み合わせの悪さを治すことをおすすめします。
何故なら、噛み合わせが悪い人は唇が上手く閉じられないせいで口呼吸になってしまうことがあるからです。
口呼吸になると口の中が乾いてしまうことにより、唾液が歯や歯ぐきについた汚れを上手く洗い流せなくなるので虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
虫歯や歯周病は悪化させてしまうと歯を失う原因になるため、歯の健康寿命を延ばすことを目指すなら噛み合わせの悪さを矯正歯科で治し、虫歯や歯周病になりにくい状態にしておくのが良いでしょう。

さて、矯正歯科では歯並びの悪さも治療することが出来ます。
歯並びが悪い人は歯がデコボコに並んでいるせいで歯磨きをしていても歯ブラシが上手く当たらない部分があり、汚れが取りきれなくて虫歯になってしまうことが多くあります。
そこで、虫歯予防のための歯磨きがしっかり出来るように、矯正歯科で歯並びを治してもらうことがおすすめと言えるでしょう。
歯並びの悪さを治せれば歯が磨きやすいので、虫歯などになりにくくなります。

年齢を重ねていくと心配になってくる歯の病気が歯周病です。
歯周病は悪化させてしまうと最悪の場合、歯を抜くことになってしまうため、日頃からしっかりと歯磨きをして歯の汚れを取るといった予防が必要になります。
自分が歯周病になっていてそれが進行しているということに気づくサインの一つに歯の動揺がありますが、これは歯がぐらぐらと動く状態のことです。
歯が動揺するようになるのは歯ぐきの炎症が進んでおり、その影響で歯の奥のアゴの骨が溶けてくるからです。
そうならないようにも、普段から丁寧な歯磨きで歯の汚れを取って歯周病予防をしておきましょう。

今の自分の歯並びや噛み合わせに問題があって、歯磨きがしにくいと感じている人は早めに矯正歯科で診察を受け、歯が磨きやすいようなキレイな歯並びや噛み合わせを目指してみてはいかがでしょうか。
歯並びや噛み合わせの治療を行えば、虫歯や歯周病の予防に役立つことで歯を失わなくて済むのはもちろん、口元の見た目が良くなって気持ちが明るくなる効果も期待出来ます。
明るい気持ちで毎日自分の歯で食事が出来れば、体の健康寿命を延ばせるメリットも得られるのではないでしょうか。

人気ランキング