インプラント治療を失敗しない歯医者の選び方
インプラント治療を失敗しない歯医者の選び方

高齢者は歯医者へ行かなくていい!?訪問歯科とは

訪問歯科とは、歯科医院に来院しなくても歯科医や歯科衛生士が訪問してくれることによって治療や口腔内のケアを受けることができる医療のことをいいます。
主に介護を受けている高齢者や障害などで通院することができない外来困難者を対象としています。
口の中をきちんとケアすることは、健康維持に欠かせません。
歯を虫歯や歯周病などで失ってしまうと、噛む力も衰えたり口の周りの筋肉も衰えてしまったりします。
柔らかいものしか食べることができなくなり、それが生きる意欲を低下させてしまうこともあります。
特に高齢者にとっては、自分の歯で硬いものを食べるということがとても重要です。
介護が必要になり外出することが難しくなってしまうと、口の中のケアも疎かになってしまう場合も多くあります。
そういった人々のニーズに対応した医療が訪問歯科です。

訪問歯科では虫歯や歯周病の治療だけではなく、虫歯や歯周病を防ぐための予防的なケアや入れ歯の調整なども行われています。
訪問歯科を利用するメリットは、本人だけではなく介護をしている家族にもあります。
介護を受けている状態の人を歯科医院まで連れて行くのはとても大変だからです。
特に虫歯や歯周病が進行しているような場合には、何度も通院する必要も出てきます。

訪問歯科には、体調管理にも役立つというメリットがあります。
医師が定期的に診察に訪れることで、食習慣や生活習慣についてもアドバイスすることができますし、家族が介護食などの相談をすることもできます。
それから自宅なので、リラックスした環境で診療を受けられるというメリットもあります。
訪問歯科のデメリットをあげると、クリニックで実施している医療を全て受けられるわけではないというところにあります。
やはり装置や器具などに限りがあるので、高度な医療を受けることは難しい場合もあります。

また、訪問歯科は実施しているクリニックが少ないというデメリットもあります。
高齢化社会を迎えるにつれて訪問歯科のニーズは高まっていますが、対応しているクリニックの数はさほど多くはありません。
希望していても住んでいる家の近くに対応してくれるクリニックがなければ、診療を受けることはできないのです。
しかし訪問歯科の必要性は、徐々に認知されるようになってきています。
診療報酬の改定などもあり、訪問歯科のような在宅で受けることができる歯科医療を推進していこうという動きが広がっています。

人気ランキング